=== 富士山が一望できる青木平区自治会は富丘支部(7地区:淀師、淀橋、大中里、外神、宮原、青木、青木平)に所属しています。===

=== 富士山が一望できる青木平区自治会は富丘支部
(7地区:淀師、淀橋、大中里、外神、宮原、青木、青木平)に所属しています。===

青木平かわら版

かわら版は青木平の住人が編集しております。

2019 年 総合防災訓練 給水ポンプ編

南海トラフ巨大地震に備える

まず初めに、今回の台風15号の被害を被られた方々に、お見舞い申し上げます。

想定外も想定しておかなければならなくなったこの頃、今、防災のあり方を真剣に考えさせられます。

 

 さて今回は、9月1日に行われた、青木平区防災訓練 給水ポンプ(浄水器)編を紹介します。

残暑の中、皆さまの多数の参加お疲れ様でした。

区の配慮の元、熱中症対策のため藤棚の下、各班ごと中央公園に集まり避難状況を報告されました。

防災委員長の進行の元、区長挨拶・青木消防団員紹介・中高学生も紹介され、その後各班に分かれて訓練に入りました。

Image
Image
Image

熱中症を考慮し、今回は藤棚下に集合

消防団員さんの挨拶

中学生自己紹介

給水ポンプ(浄水器)の役割

もし水道から水が出なかったら、飲み水、食事、トイレ、入浴・・・と、できないことがたくさんあることを再認識させられ、日々の当たり前にとても感謝されます。

青木平区には給水ポンプ(浄水器)が1台あり、この操作訓練を学びました。

 

Image
Image
Image
Image

まず防災倉庫から奥にある浄水器を移動します

マンホールの蓋を開ける

浄水器を設置し、エンジンを動かす
もし、燃料がない場合は手動でも動く

エンジン始動にて、ろ過された水が出てくる

もし、飲み水として使用する場合は、煮沸してから

備蓄

大災害の場合、行政による救援活動もすぐには行われません。

そこで、『青木平くらしのガイド』6ページにもあります通り、在宅避難を基本に各家庭において1週間程度の食料と飲料水の備蓄を要望しております。

 

【食料は非常食3日分を含む7日分、飲料水については、1人1日3リットルを3日分】

 

各家庭でもう一度考えて備えておきたいものです。

 

 

 

 

編集員 Tomomi.T

 

青木平のお店/ こども園の紹介

陶芸教室 陶房 無心窯
アート&フェイシャルサロン10
認定こども園 青木リズム
手ごねパンのお店 べえかりん
芸術空間あおき
洋画家 福島惠美子
工房ジュエルイヌウラ

青木平区 区民館

〒418-0048 
静岡県富士宮市青木平503番地

富士宮市のホームページ
富士宮市社会福祉協議会
富士宮市への移住・定住で補助金が受けられます。
母力向上委員会
富士宮市立富丘小学校
富士宮市立第四中学校
富士山が一望できる青木平区自治会ホームページ© Copyright 2019 . All Rights Reserved SITEMAP